新築住宅という結論になった理由は…

いろいろ悩みましたけれど、でも結局は新築住宅に決めました。なにをいろいろ悩んだのかといえば、中古住宅を買ってリフォームをして住むか、それとも新築で耐震住宅を注文住宅で建てるかということです。

なんせ、私たちがマイホームを建てたい地域はとにかく土地がなかったのです。それで家を壊していない土地ならば、いくつか販売されているという状態でした。キレイな中古住宅ではなく、築30年以上ではある一戸建て住宅が空き家になって放置されている状態ということです。それらを家主さんと交渉して買うのが、手っ取り早いマイホームの敷地確保となるというわけです。

欲を言えば、更地にマイホームを建てたかったのですが、更地がとにかくないんですもん。けれど、先にも言いましたように、土地は家つきのものばかりで。それで結局、私たちは中古住宅がついている土地を買って、そして中古住宅は解体して、新築住宅を建てました。

リフォームして住もうかどうか非常に迷ったものですが、けれど家も古くなるとリフォーム費用が新築住宅を建てるのと変わらない金額にもなりますので、ここは新築住宅という選択をしたのです。