パナソニックにもソーラーパネルがある

利用形態について
、発電した電力を二次電池に蓄電利用する事で外部からの電力を貰わずに送電網からの接続を必要としない形態を言います。
夜間又は、天候の悪い時の発電量低下時にも、太陽光発電のみの発電で電力供給する場合の利用になります。
系統連系に比べると、蓄電をする設備にかかる費用・エネルギー・CO2排出量が増加してしまいますが、外部からの送電費用が上回る場合の他に、移動式や非常用電源システムで用います。消費電力が少なく送電網から遠い場合にメリットが大きいのですが、送電網に近い場合でも送電電圧が高い場合には変電設備よりも独立電源設備が安いことがあります。一般向けに、小型の最大電力点追従装置(MPPT)と自動車用バッテリーで構築する製品も市販で販売されています。携帯小型機械に懐中電灯や腕時計、電卓に用いられている事もあり、小型の電力の消費が少ない機器はコスト面ではとても有利です。移動式では宇宙空間での探査機が使われています。

PR| リフォームのことなら横尾建設

コメントを残す